EN | JP

ANAカーボン・オフセットプログラムの地球温暖化防止プロジェクト

ANAグループでは、環境保護、地球温暖化の防止に関心の高いお客さまからの声にお応えして、ご搭乗いただく航空機が排出するCO2相当量をオフセット(=埋め合わせ)できる選択枝として「ANAカーボン・オフセットプログラム」を提供しています。 支援対象として、一番厳しい認証基準(J-Credit、J-VER、ゴールド・スタンダードCDM/VER)による地球温暖化防止プロジェクトを選定しています。

①やまなし県有林活用温暖化対策プロジェクト

富士山麓等県土の1/3を占めるやまなし県有林は、FSC森林管理認証の原則により環境に配慮した管理経営を行っています。 本プロジェクトは、その一環として、県有林で実施した間伐によるCO2吸収量について、国(環境省)の推進するオフセット・クレジット(J-VER)制度に基づき、クレジット化し、そのクレジットの売却による収益を県有林の森林整備に活用しています。

県有林の基となっているのは「恩賜林(おんしりん)」です。恩賜林は、明治末期に相次いで発生した大水害の復興に役立てるよう、明治44年に御下賜(ごかし)され、以来、山梨県民共有の財産として、先人たちのたゆみない努力により、100年以上守り育てられています。

Forestry Project of Yamanashi

②アマゾンにおけるFSC認証の木材チップによる発電プロジェクト(CER)

FSC 認証を受けた森林事業で持続可能な方法を用いて木材チップを作ることでクレジットを創出している、世界初のプロジェクトです。木質バイオマス発電所は、ブ ラジル・アマゾンの小さな町、イタコアチアラに位置し、約80,000人分の電力を、より環境にやさしいものに切り替えます。その結果、地域の人々は低価 格で安定した電力供給を受けられるようになります。また、年間最大45,000MWh発電し、以前と比べて10,000,000ℓから 15,000,000ℓのディーゼル燃料の消費を削減します。バイオマス燃料を燃やす際に生まれる熱は、木材乾燥機のエネルギーとしても使用されます。

Electricity from FSC Wood Waste in the Amazon

※「①やまなし県有林活用温暖化対策プロジェクト」「②ブラジルにおけるFSC認証の木材チップによる発電事業」および「③中国におけるバイオマス調理用コンロ事業」は、認証制度やプロジェクトの種類、プロジェクトの規模の違いにより、カーボン・オフセットの価格も異なります。

日本国内における間伐等の森林保全プロジェクトより、広大な土地で行われる海外のプロジェクトの方が安価となることが多く、ANAカーボン・オフセットプログラムにおいても例外ではありません。

③中国におけるバイオマス調理用コンロ事業

石炭を利用する従来型コンロを、クリーンなエネルギーであるバイオマスを利用するコンロに置き換えています。これにより二酸化炭素の削減や、屋内空気汚染改善に貢献します。中国において都市と地方の格差はエネルギーの利用に顕著に現れます。富裕層地域ではよりクリーンな石油由来の燃料が用いられている一方で、50%の世帯がいまだに石炭などの固体燃料に依存しています。石炭の消費は多くのCO₂を発生させるうえ、屋内大気汚染の原因ともなります。世界保健機関(WHO)によると、中国だけで年間420,000人以上の人が大気汚染が原因で早世しています。

本プロジェクトでは、2013 年12月時点で90,000台のコンロを導入し、530,000tもの石炭を削減しています。本プロジェクトにおいて創出されたクレジットの売却から得られた収入は、財政的な余裕のない地方の人が本製品を購入するための補助金などとして再投資されています。

Clean, Efficient Cooking and Heating Project

※「①やまなし県有林活用温暖化対策プロジェクト」「②ブラジルにおけるFSC認証の木材チップによる発電事業」および「③中国におけるバイオマス調理用コンロ事業」は、認証制度やプロジェクトの種類、プロジェクトの規模の違いにより、カーボン・オフセットの価格も異なります。

日本国内における間伐等の森林保全プロジェクトより、広大な土地で行われる海外のプロジェクトの方が安価となることが多く、ANAカーボン・オフセットプログラムにおいても例外ではありません。